40代の転職で必要な3つの能力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

40代の転職は、管理職の肩書きはともかく、リーダーとしての経験がなければ、不可能とは言わないまでも、非常に難しいと言ってもよいでしょう。

今回は、40代の転職はどうすればよいかお話ししていきます。

いぬ
40代の転職ってそんなに難しいの?
ねこ
難しいみたいだよ。
狭き門だから、上場企業部長や公認会計士でも苦戦するらしい。
本の受け売りだけどね。
いぬ
でもリアリティーのある話だよね。
ねこ
年代的に、部長課長候補だからね。
生半可な実力じゃ太刀打ちできないと思った方がいい。
いぬ
40代は転職無理なのかなぁ?
ねこ
無理ではないけど難しいね。
挑戦するなら、マネジメント経験と専門知識を引っ提げていかないとままならない

スポンサーリンク

求められる能力


40代の転職希望者に企業が期待することといえば、何をおいても即戦力としての能力に違いありません。

それまでの豊富なキャリアを用いて、30代以上の社員を率いるリーダーとしての役割が期待されるでしょう。
具体的にいうと、次のようなことが挙げられます。

マネジメント経験

40代ともなれば前職で管理職に就いていた人も多いでしょう。

企業として重要なことは人材を育てることです。

しかし、現実には中々思うように人は育ってくれません。

それほど人を育てること、それもマネジメント能力までもを兼ね備えた優秀な人材を育て上げるのは至難の業です。

そこでマネジメントスキルをすでに持っている管理職経験者を雇いたいという希望が企業に働くのですね。

30代以上のリーダー

先の話ともやや重複しますが、40代の転職希望者には企業の1戦力である以上に、20代から30代以上の中堅から若い社員たちを束ね上げるリーダー的存在が求められます。

社長や部長と若い一般の社員たちとの良い意味でのパイプ役として、中間管理職経験者を企業としては採用したいところでしょう。

このように40代の転職希望者に企業が求めることとなると、相当なスキルや経験を持っていることが前提となります。

単純な話、会社がこの年代に求めるのは、管理職もしくは管理職候補です。

一担当者として雇うのであれば、わざわざ人件費の高い40代の転職者を採用するよりは、もっと若い人を採用した方が合理的です。

豊富な実務経験

マネジメント経験以外には、「年の功」による実務遂行能力が求められます。

40代であれば、様々な職種を経験していることも珍しくありません。
もしくは、その道一筋、という大ベテランということもあるでしょう。

20代、30代をはるかに凌ぐ知見を武器にすれば、年齢によるハンデも覆せる可能性があります。

スポンサーリンク

40代の転職でアピールするべきこと


40代の転職でアピールするべきことは、繰り返しになりますが、何よりもリーダー経験です。
これは、部長や課長といった役職についていなくても、プロジェクトリーダーなど正式な役職でない経験でもよいです。

会社が40代の転職者に求めるのは、即戦力、それもマネジメント層としての即戦力です。
それを認識して、リーダーシップを発揮してプロジェクトを成功に導いた、業務改善をした、業績が上がった、という具体的な結果を証拠として出して、マネージャーとしての職務を全うできる自信がある、と繋げるのがよいでしょう。

面接をしていると、たまに「マネージャーとしての仕事ができます」だけで具体的に何ができるかを答えられない方もいらっしゃいます。

40代に限らず、自身の業績は具体的に説明できるようにしておきましょう。

キャリアダウンを覚悟しよう


これまでみてきましたように40代は、マネジメント層の求人がほとんどと見て差し支えありません。

しかし、そのようなハイキャリアを持っている人はごく少数です。

転職理由として、「労働環境が悪い」、「企業の先行きに希望が持てない」というようなやや後ろ向きな理由の場合、今までの職場を去って、また40代から新たな職場に順応するのは決して楽なことではありません。

新しく入った会社の上司や同僚には、当然のごとく自分より年下も多くいることでしょう。
その人たちに頭を下げながら、また仕事をイチから覚えて行かなければならないのです。

時にはプライドを捨てて、新入社員として仕事に取り組まなければなりません。
しかし、本当に「新たな環境で再出発するんだ!」という気力があればそう簡単にプライドは折れません。

仮に40代で大手企業から中小企業に転職したとしてもなんら恥じることはありません。

確かに収入は減るかもしれませんが、そういう企業は慢性的な人手不足に悩んでおり、2~3年頑張れば重要ポストにつける可能性もあります。

そんなやりがいが見つけられれば、40代での転職も有意義なものとなるでしょう。

まとめ

40代の転職は、マネジメント層の転職です。

一般社員としての転職も不可能とは言い切れませんが、よほど高度な専門能力がない限り困難なのは間違いありません。
やはり、一般社員であっても、管理職候補としての素質のアピールが不可欠です。

40代の求人情報はどう探す?

40代の求人情報は、リクナビネクストなどの一般的な転職サイトでは探しづらいのが実情です。

応募したものの門前払い、40代は募集していなかったということがままあります。

ではどうするか?

当サイトでは、転職エージェントサービスを強く推奨します。
転職サイトと違い、専任のコンサルタントと話をしながら進めることができるので、40代が対象の求人を紹介してもらうことが可能です。

また、この年代は、転職サイトで大々的に募集していないことが考えられます。
営業部長募集、CFO募集、役員募集、といった求人は転職サイトではほとんどありません。

このような求人は機密性も高いため、また応募者が殺到するのを防ぐため、非公開としていることが多いのです。

転職エージェントサービスは完全無料で、非公開求人情報の紹介、職務経歴書や履歴書の添削、面接対策、試験日程調整、年収交渉など、転職に必要なありとあらゆるサポートをしてくれます。

  • リクナビNEXTなどの転職サイトで検索しても同じような求人しか出てこないじゃないかという方
  • 会社へのエントリー手続きや試験日程の調整が面倒な方
  • 転職活動を早く終わらせたい方

もし、どの転職エージェントがよいかわからなければ、業界最大手で登録者数が圧倒的なリクルートエージェントをおすすめします。
私自身、リクルートエージェントに登録して転職を成功させました。

リクルートエージェントに無料登録

キャリアに自信がある方は、JACリクルートメントがおすすめです。
エグゼクティブ向けの転職には定評のある転職エージェントです。
JACリクルートメントに無料登録

>>その他の転職エージェント口コミランキングはこちらです

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


人気転職エージェントランキング