面接の最後の逆質問はどんなことを聞けばいい?実体験を交えて説明します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

面接のときにほぼ必ずあるのが、「最後に何か質問はありますか?」という逆質問の時間。

私たちはこの時間を無駄にすることはできません。
この逆質問は、あなたを印象付けるための最高のチャンスだからです。

逆質問の意味を理解して、転職活動を有利に進めていきましょう!

最後の質問は超!重要


転職する際の面接の最後で「何か質問はありますか」と問われることが多いですが、この質問はとても重要なことです。

その理由のひとつは、面接担当者にとって質問を受ける時間は、相手の印象が残りやすい瞬間だからです。
一般的に面接における質問内容はほとんど決まっていますし、その回答もほとんど同じようなものになります。
しかし逆質問の場合は人によって異なりますし、思いもよらない質問があると面接担当者にとっても印象に残りやすいですよね。

もうひとつの理由は、どのような質問をしてくるのかで面接担当者は、面接者のやる気などをチェックしているからです。

その為、特に何もありませんという回答や残業は?給料は?福利厚生は?のような独りよがりの質問では、面接担当者に対して好印象を与えられないので注意が必要ですね。

応募先の下調べをしておこう

最後に逆質問するためには、いくつかの質問を用意しておく必要があって、相手に焦点を合わせて具体的な質問をするために、応募先の下調べをしておくことが大事です。

また、それと共に面接で必ず聞かれる志望動機に対して、しっかりとした理由が述べられるようにしておくためにも、応募先の下調べをしておくことは必要不可欠ですね。

まずは募集求人の内容や企業のホームページなどから、どのような人物像やスキルが求められているのかを的確に把握することが大切です。

それを基にしてどこに魅力を感じているのか、入社したら何をやりたいのか、何ができるのかなどを整理してまとめていくと良いですね。

それから、単に企業のことだけを調べるのではなくて、様々な情報に目を通して業界全体の知識やライバル会社の知識なども調べて把握しておくことも必要ですね。

そうした下調べをしっかりとしておくことで、逆質問や志望動機について意欲や熱意を持って答えることが可能になります。

意欲や熱意がない、と判断されたら即面接打ち切りになります。
恥ずかしながら、私自身、一度打ち切りの憂き目にあったことがあります。
事前の調査が甘く、突っ込んだ質問にうまく答えられなかったため、あとは消化試合、時間までのしょうもない雑談タイムになってしまいました。

下調べは入念に行い、応募先の会社については業界全体や競合他社との違いについても研究しておきましょう。

逆に、社内でのシステム導入事例や改善については、外部の協力会社が事例として出していることがありますので、そのような細かいことまで調べていれば、とても高く評価されます。

例えば、システム会社のホームページなどで、「弊社が「転職先会社」様の会計システム導入をお手伝いさせていただきました」といった記事があったりしたらしめたもの。
これをネタに質問すればポイント高いです。

スポンサーリンク

入社後のやる気を見せる


転職における面接で入社後のやる気を見せることは大切なことですが、やる気だけで内定は勝ち取れませんし、アピールするやる気を間違えると逆効果になってしまいます。

まず知っておいてほしいことは、社会人経験のある人材を募集する転職において、やる気があることやがんばることは当たり前という点ですね。

その上で転職における面接で採用側に入社後のやる気を見せる要素となるのが、業界や自社についてどこまで学んでいるかということです。

また、会社で必要とされる知識や技術の習得に対して、どれだけ取り組んでいるのかといった姿勢をアピールすることが大切ですね。

面接で適切なやる気をアピールすることが、内定を勝ち取る近道ということを認識しておくことが重要です。

まとめ

逆質問はお約束だから聞いているわけではありません。
ここが一番個性が出るところともいえるので、面接官は実はここでどのような質問が来るのかひそかに期待すらしているのです。

ですから、志望動機や自己PRをこなしても、最後にまずい質問をしてしまったら元も子もありません。
そのくらい大事な時間なのです。

やる気を見せたり、突っ込んだ質問をしてあなたの存在をアピールしましょう。
自分への待遇など独りよがりの質問は避けた方が無難です。

面接対策は、転職エージェントサービスを利用することを強くお勧めします。

転職エージェントは完全無料で利用でき、模擬面接はもちろん、履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイス、転職先の選定や日程調整、年収交渉までもサポートしてくれます。

しかし、たくさんあってどこを選んでいいかわからない、ということもあると思います。
そんな時は、まずは最大手のリクルートエージェントに登録することをおすすめします。
私自信もリクルートエージェントに登録して、転職を成功させました。

リクルートエージェントに無料登録

>>その他の転職エージェントランキングはこちらです

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


人気転職エージェントランキング