家族に転職を反対されてしまったら?対処すべき3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

転職をする上で一つの壁となるのが家族の存在。
家族から反対されて、転職ができないということが多々あるのです。
巷では「嫁ブロック」などと言われているように、奥さんの了解を得られず、転職がままならないという人が少なくありません。

さて、そのような状況に陥った場合、また陥らないようにするはどのように対応すれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

事前に相談しておこう

まずは、事前の相談です。
仕事でもとても大事な「根回し」というやつです。

勝手に転職活動を進めて内定を取ったはいいが、家族の反対にあってあえなく内定辞退。転職失敗・・・。
というパターンは意外と多いもの。

転職をする際に独身者なら自分の意志で行動することができるでしょうが、既婚者の場合は家族がいるので独身者とは違ってきます。
家族は運命共同体と言えるので本人だけの問題ではありませんし、それを意識しないですぐに行動に移すのは間違いと理解しなくてはなりません。
少なくとも事前に家族に対して相談すべきですし、家族の了承を得てから転職活動をすることが大事と理解するべきです。

転職活動は考えている以上に体力的にも精神的にも疲れますし、書類選考すら通過できなくてやる気も少しずつなくなってしまうことも考えられます。
そうした状態で家族の理解が得られない転職活動をすることは、精神的に大きな負担になることは確かなことです。

家族が転職のことを理解してくれて、応援をしてくれる環境で転職活動をすることがやはり一番理想的で、それが成功に導く力にもなります。

現状と今後のプランを理解してもらおう

転職に対して家族の理解を得るためには、現在の職場の問題を理解してもらう、今後の生活設計について話すことが大切になります。
ある程度愚痴や相談という形になって良いので、現在悩んでいることや転職を考える経緯などを、じっくりと真剣に話してみることですね。

現在の職場で働くことの問題を伝えなくては家族の理解は得られませんし、家族に不信感を与えてしまう可能性も考えられます。
また、今後のライフプランについて話すことも大切で、それにより転職のタイミングや希望する年収など転職条件も見極められますね。

メリットを語ろう


この2つについて話すことも大事なことですが、何よりも家族の理解を得るために重要なポイントになるのが、転職するメリットを語ることです。
一度でダメなら、二度、三度と諦めずにメリットを伝え続けましょう。

転職することで、自分だけでなくあなたにもこんなメリットがあるんだよ、と伝え続けるのです。

例えば、

・年収が上がる
・通勤時間が短くなる
・実家に近くなる
・家族との時間が増える

といったことが代表的なメリットと言えるでしょう。

転職することで収入が減るようでは家族の理解は得られないですが、収入がアップする見込みがあれば理解は得られやすいですよね。
収入以外にも勤務時間の負担が軽減することで家族と過ごせる時間が増えることなど、様々なメリットを誠心誠意説明することが大事です。

このように転職することで得られるメリットを、家族にしっかりとプレゼンテーションできるのかが重要なポイントになってくるのです。
そして、これを自分のプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を鍛える絶好のチャンスであり、転職活動における厳しい面接を乗り切る練習と考えてみるのもひとつの方法です。

転職することのメリットが家族に伝われば理解をしてくれるでしょうし、転職に対して協力してくれる環境になると考えられます。
協力を得られればしめたもの。
今度は、心強い協力者となって、あなたをサポートしてくれるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

転職には家族の理解が必要不可欠です。
間違っても、家族の意見を聞かずに転職を進めてしまうということが無いようにしましょう。

反対にあったとしても、現状の問題点と転職することのメリットを伝え続けましょう。
その際は、自分の想いだけでなく、お互いに相手の想いも聞くことが大切です。

プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を鍛える絶好のチャンスととらえて、前向きに転職活動を進めていきましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


人気転職エージェントランキング