JACリクルートメント

No.5
満足度
公開 約6,200件
非公開 約9,300件
対象者 30代以上でキャリアアップを目指している方、外資系を目指している方
拠点 東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸

外資系やハイクラス転職に強いJACリクルートメントのメリットデメリット。キャリアを積んだ30代以上の転職希望者は登録しておくべき。


JACリクルートメントはロンドン発祥の会社で、外資系やグローバル企業への転職が強みです。
知名度は大手のリクルートエージェントDODAマイナビほどではありませんが、実は業界第3位の売上規模を持っています。

特色は、外資系企業、ハイクラス、エグゼクティブ、海外事業、専門職の転職支援をメインに行っているということです。

試しに、職種を「経理」で他はすべてブランクで求人検索をかけてみたら一番上に出てきたのはこの求人でした。
外資系アパレル会社、年収600万~750万のシニアスタッフ(課長の下、主任クラス)です。

他にも、年収1千万クラスの上場企業や誰もが聞いたことのある企業など、そうそうたる求人が並んでいます。

リクルートエージェントやDODAといった大手が総合型の転職エージェント、ジャスネットキャリアやMS-JAPANなどのある職種専門の転職エージェントを特化型の転職エージェントとしたら、JACリクルートメントは、総合型でありながら求人をある程度絞ったこれらの中間に位置すると言えるでしょう。

拠点は、日本をはじめシンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、韓国、香港、ベトナム、インド、イギリスにあります。
これらの拠点で情報共有がなされているため、海外への転職にも強いわけです。

JAC Recruitment

JACリクルートメントに登録した理由

なぜ、JACリクルートメントに登録をしたのか、その理由を調査してみました。
外資系に強いこの転職エージェントならではの理由として、海外の現地採用の知人から紹介された、というご回答がありました。

ハイクラスの転職エージェントとしての強みをアピールしていることから、質のいい案件を持っているのではないかというイメージもあるようです。

外資系やハイクラスの転職を考えている方は、登録しておいて損はないでしょう。

私はタイで現地採用で働いています。この転職エージェントを選んだきっかけは前職で知り会った同じく現地採用の日本人女性に紹介してもらったからです。

知人からの紹介で、自分が興味ある業界に強いネットワーク、パイプ、そしてそれなりの実績があるとの評判があったから。

質の良い企業の求人案件を抱えているイメージがあったことと、職場近くにオフィスを構えておられたのでアクセスが良かったことです。

登録オフィスが職場から近く、夜遅くの面談も快く対応下さったので、足を運びました。登録後のメールの対応がスムーズで安心できました。話を聞いてくださった女性も年上で(他のエージェントは若い人)、話をじっくり聞いてくれて安心できました。

営業職や、外資系の仕事に強いと聞いたからです。わたしは、営業の仕事で探していたから、JACは、有名だと知りました。

JACリクルートメントのメリット

  • 幅広い求人案件を持っている。
  • 模擬面接等、フォロー体制が整っている。
  • 対応が素早く丁寧。

求人数自体は、リクルートエージェントやDODAほどではないものの、幅広い案件を保有しているという意見がありました。
実は筆者もJACリクルートメントを利用したことがありますが、確かに他の転職エージェントでは見られない求人があったのは事実です。

また、模擬面接などのフォロー体制も整っており、模擬面接をしてもらった上で修正箇所を徹底的にアドバイスしていただいたという方もいらっしゃいます。
このフォロー体制は、特に初めての転職者に対しては大変貴重なものです。

担当者にもよるのでしょうが、対応が丁寧だというのもこのエージェントの特徴です。
こまめに連絡をくれたり、案件について会社情報をはじめ、面接者の情報といった点についても的確なアドバイスを下さったという印象です。

そこまで高スペックではない私でしたが、私にも合うような案件を数件紹介して頂けたことです。幅広いレベルと職種の案件があるのだなと感心しました。

登録してからの連絡が早かった点でした。次の日には、すぐに、JACの方から、電話で連絡がありました。

面接シミュレーションを担当エージェントとした際、悪いところを中心に指摘され、徹底的な修正アドバイスをして下さった。

転職が決定した後に転職先と車の所有について少し問題があったのですが、リクルート会社の担当者様が直接会社まで話に行ってくれたところが良かったです。

オフィスが綺麗。面談は緊張しましたが色々話を聞き出してくださり、自分の可能性を広げてくれました。紹介していただいた求人も意外なものがあり、行って情報を聞けたことに大満足です。

JACリクルートメントのデメリット

  • 案件の絶対数が少ない。
  • 紹介可能な案件が少なくなると対応が事務的になってしまう。
  • エージェントの当たり外れが大きい。

やはり求人案件の絶対数が少ないというデメリットは存在します。
結果的に紹介可能な案件が少なくなってきてしまい、担当者側もあきらめムードになってしまうということが考えられます。

継続して案件を紹介してくれる感じではなかったです。ウェブサイトにアクセスして、気になる案件があれば連絡してくださいというスタンスだったのが残念だった。

忙しい担当エージェントに付いた場合、フォローもやっつけ仕事的になり、いただくアドバイスも役所みたいだった。直ぐにエージェントを変えてもらいました。

担当の方で、合う合わないという相性の問題がありました。良い案件を紹介していただけなかったのが嫌でした。

特によかったサポートは?

JACリクルートメントで特によかったサポートがあったかどうかの調査をしました。
履歴書や職務経歴書の添削、面接対策が良かったというご意見が多いです。

職務経歴書は、応募先企業の人事担当者や配属部門長に最初に見られる非常に重要な書類です。
これの出来ばえで面接に呼ばれるか呼ばれないかが決まるため、添削してもらえるのは大変ありがたいのです。

ちなみに、筆者自身の体験は、面接前にJACリクルートメントの方が面接会場前まで来てくださり、その会社についてのアドバイスをくださったという非常に感動的なサービスがありました。
他のエージェントではここまでやって下さらなかったです。

英文和文の履歴書を用意するよう言われましたが、自分の言葉を尊重していただけた。面接対策は大変役立ちました。

特に良かったと思うサービスは経歴書を添削してくれたことです。このおかげでたくさんの会社から面接オファーが来ました。

まとめ

JACリクルートメントの口コミ評判の紹介をしました。

外資系やハイクラスといった、他の総合エージェントとは一味違った求人を紹介してくれるのが魅力です。
また、フォロー体制が整っているため、初めて転職する方でも安心して利用することができます。

案件の絶対数が少ないので、できれば他の大手総合エージェントと組み合わせて登録するのがよいでしょう。

案件数の多い大手総合エージェントはリクルートエージェントDODAに登録しておけば、求人案件を手広くカバーできます。

JAC Recruitment


人気転職エージェントランキング