転職と住宅ローン 転職直後は審査に通るか!?返済中の転職は可能?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人生の中でも最大の買い物と言われている住宅。
大抵は、一括で買うことが難しいためローンを組むことでしょう。

転職するときに気をつけなければいけないのは、このローン。

当然、金融機関の審査が入るわけで、転職もこの審査に関わってきます。

今回は、転職と住宅ローンの関係をお話しします。

スポンサーリンク

転職直後は審査が通らない?


民間の金融機関では、住宅ローン融資の条件として最低勤続年数を設定しているので、住宅ローンを転職した直後に組むのは難しい場合が多いです。
金融機関で異なりますが、一般的な基準として勤続年数は1年以上と定められているので、転職直後は欲しい住宅を購入できない場合もあります。

しかし例外的なケースもあって、同じ業界で転職先企業の規模が大きくなり年収がアップする、会社の要請でグループ会社に転職する、資格を活かした士業などの専門職に転職などですね。
このようなキャリアアップと考えられる転職になら審査上の評価は悪くないので、転職直後でも審査が通る可能性はあると言えます。
特に、上場企業や公務員は審査の上でポイントが高いです。
これは、安定した返済が見込まれるためと言えます。

また転職直後というのは審査で不利な状況となりますが、勤続年数が1年経過すると住宅ローン審査が通る金融機関もありますよね。
そうした状況も考えられるので、1社の審査が通過できなくても諦める必要もなくて、他の金融機関へ申込みをして見ると通過する可能性はあります。

それから勤続年数が1年経過するまでの間に、毎月のローン返済の予行演習と考えて貯金して、自己資金を貯めておくのもひとつの方法です。
もし転職したことで貯金ができない状況であれば、1年後にローン返済もできないことになるので、それを判断するのにも役立ちますよね。

借入後の転職はいいか

返済中の転職は、返済さえきちんと行われていれば、特に問題がないというのが実態です。

住宅ローンの審査で転職はマイナスの要素になるので、ローンは転職をする前に組んでおくと良いのではと考える方もいますよね。
このように借入後の転職なら良いのかというと、年収のダウンで住宅ローンの返済が滞ってしまう可能性も考えられるので一概に得策とは言えません。

返済が滞ると一括返済を迫られたり、それが無理な状況であれば競売に賭けられたりすることになって、取り返しのつかない状況になってしまいます。
このような事態にならないためにも、借入後の転職は住宅を購入する以上に慎重な判断が必要で、長期的な計画を立ててから実行する必要があります。

住宅ローンの約定において借主に重大な変更があった時には、報告する義務があるといった条項が一般的に存在しています。
その為、転職などで職業や年収が大きく変わってくる場合には、報告しないといけないので融資先に連絡することです。

そうすれば金融機関も相談に乗ってくれて、条件の良い商品への借り換えなど、何らかの対応策を提案してくれることも考えられます。

いずれにしても借入後の転職にはリスクがあると認識して、慎重な判断をすることをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ
一般的には転職をすると1年間は住宅ローンの審査が厳しくなります。
しかし、上場企業、公務員といった安定しているとみなされる勤務先や士業は、転職直後であっても有利に働く場合があります。
あくまで、勤続年数はローン審査の一つの項目でしかないため、年収や他の借入状況等を総合的に判断して審査をします。

住宅ローン返済中の転職は、それ自体は住宅ローンにはほぼ関係ありません。
あくまでも転職後に、今までに近いかそれ以上の収入が見込めるのであれば、転職をしてもよいでしょう。

ただ、そうでない場合は、返済が滞るというリスクがあるので、慎重に判断するべきです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


人気転職エージェントランキング