転職エージェントサービスを上手に利用するための3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

転職エージェントに登録したけど、転職活動がなかなか思うように進まない。
というお悩みはないでしょうか。

そんな時は、転職エージェントとの付き合い方をちょっと工夫してみましょう。

今回は、私自身も転職活動で実践したコツを紹介します。

どれも当たり前に見えますが、できていない項目がある場合は是非あなたも実践してみて下さい。

いぬ
転職エージェントの上手い使い方ってどんなふう?
ねこ
上手い使い方ねぇ。
まずは、必ず複数の転職エージェントに登録すること。
これ絶対。
いぬ
何で?
ねこ
持っている求人が違う。
最大手のリクルートエージェントは10万件を超える求人を持っている。
リクルートエージェントとかDODAみたいな大手は総合型転職エージェントって呼ばれているね。
どんな業界、どんな職種でも対応できる。
いぬ
じゃあ、総合型転職エージェントに登録しておけばいいんだね。
ねこ
総合型複数でもいいけど、おすすめしたいのは、専門型転職エージェントにも同時に登録しておくことなんだ。
専門型っていうのは、文字通り、ある業界や職種に特化した転職エージェントのこと。
管理部門専門とか、IT専門とか、アパレル専門とかいろいろある。
いぬ
登録した後はどうすればいいのかな?
ねこ
相手も人間だから、気に入った人には転職成功して欲しい、って思うよね?
だから、本気で転職したいっていう姿勢を見せるんだ。
人材紹介手数料っていう利害関係もあるしね。
いぬ
あー、担当した人が入社したら、年収の30%くらいが転職エージェントの売上になる、っていうアレね。
ねこ
そう。
だから、本気の姿勢を見せることが大事。
あとは、的確なアドバイスをもらうために、自分のことを包み隠さず伝えることだね。
できることはできる、できないことはできない、と正直に言おう。
欠点を補えるアドバイスをもらえるかもしれないし、思わぬ求人を紹介してもらえるかもしれない。
いぬ
うん。
やる気が出てきたよ。

スポンサーリンク

絶対に複数の転職エージェントに登録する


転職エージェントは転職活動の大きな助けとなりますが、上手に使うことによってより効率的な転職活動ができます。

そのポイントの一つは、一つの転職エージェントだけに登録するのではなく、複数登録するということです。

というのも、それぞれの転職エージェントによって、抱えている求人の案件が異なりますし、得意とするジャンルも異なることがあるからです。
また、担当者によって異なるアドバイスをもらえます。

大手のリクルートエージェントDODAのように、どんな業界、業種でもそろっているというエージェント、管理部門特化のMS-JAPANやジャスネットキャリア、ITやクリエイティブ業界に強いワークポートのような専門型のエージェントがあります。

推奨するのは、大手の転職エージェントと専門型の転職エージェントを併用するという登録の仕方です。

いくつものエージェントに登録しておけば、よりたくさんの転職先候補を得ることができて、選択肢が広がります。

選択肢が広いと、より条件の良い企業を見つけられるようになりますので、キャリアアップもしやすくなります。

専門型の転職エージェントは、当然ながらその業界に精通しています。
そのため、業界や業種の専門用語を使っても大丈夫であるため、話が通じやすいという大きなメリットがあります。
その専門性を生かして、企業の特定部門と深く結びついている可能性も高いです。
また、大手には無い専門的な求人があることも大きな特徴の一つでしょう。

本気で転職する姿勢を見せる


もう一つのポイントは、本気で転職を考えているという姿勢を見せることです。

転職エージェントへの紹介手数料は、内定者の年収の大体30%ほどが内定先の企業から支払われます。

したがって、転職が決まることによって実績を作ることができ、それが企業からの報酬につながってきますので、真剣に転職したいと考えている人に重点的にサポートを与えます。

単に求人情報を流し読みしているだけの場合だと、転職エージェントには利益となりませんので、やはり転職をすることを決意している人に、より細かなサービスを提供したいと思うのも自然なことと言えるでしょう。

専属のアドバイザーも人の子ですから、頑張って転職活動をしている人には、より熱意を込めてサポートをするようにもなります。

気になった案件はまずは応募してみる
事前の対策を入念に打ち合わせする
面接を通っても通らなくてもフィードバックを要求する

といった姿勢を見せていけば、きっと私たち転職者の熱意は伝わります。

また、本気度を伝えるコツとしては、適度に連絡を取るという方法があります。

転職エージェントはたくさんの転職者を担当しているので、全員均等に対応することはできないことが多いのです。
そこで、よりよい対応をしてもらうには、適度に連絡を取って存在をアピールするわけです。
要は、自分を印象付けて「転職エージェント顧客リストの上位」に顔を出す、というイメージです。
人間だれしも接点が多ければ、その人に好意を持つと言われています。(ザイオンス効果)
マッチする求人を積極的に探してくれたり、親身になってアドバイスしてくれたり、場合によっては志望企業に私たちをプッシュしてくれたりすることもあります。

自分の状況を隠さず伝える


今の職場を辞めたいと思っている理由や、持っているスキルや実務経験などの情報を、包み隠さず伝えることも大事なポイントです。

コンサルタントは、それぞれの状況にぴったりと合った企業を紹介するために様々な情報を検索していますので、よりたくさんの情報があった方がマッチングがしやすく適切な求人の紹介ができるからです。

また、マイナスと思えるようなことも伝えることによって信頼を得ることができて、コンサルタントとの良い関係が築けるというのも大きな理由です。

本気で転職したい場合、見栄を張っても仕方ありません。
欠点も包み隠さず打ち明けることで、対策を一緒に考えてくれることだってあるのです。

まとめ

転職エージェントは様々な良質のサービスを提供していますが、上手に使う必要があります。

そのためにできることとしては、複数の転職エージェントに登録することです。

そうすることでよりたくさんの求人案件を見つけることができるからです。

また、本気で転職したいと考えていることを示したり、マイナスと思えるようなことでも自分の状況をはっきりと伝えることも大事です。

そうすることで、適切な求人を探してくれるコンサルタントとの信頼関係を築けるからです。

当サイトでは、実際にご利用された方々からの声を集めて、口コミ評判を掲載しています。
転職活動に迷っていたら、ぜひご覧ください。

転職エージェントサービスは完全無料で、非公開求人情報の紹介、職務経歴書や履歴書の添削、面接対策、試験日程調整、年収交渉など、転職に必要なありとあらゆるサポートをしてくれます。

  • リクナビNEXTなどの転職サイトで検索しても同じような求人しか出てこないじゃないかという方
  • 会社へのエントリー手続きや試験日程の調整が面倒な方
  • 転職活動を早く終わらせたい方

もし、どの転職エージェントがよいかわからなければ、業界最大手で登録者数が圧倒的なリクルートエージェントをおすすめします。
私自身、リクルートエージェントに登録して転職を成功させました。

リクルートエージェントに無料登録

>>その他の転職エージェント口コミランキングはこちらです

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


人気転職エージェントランキング